資料請求はこちら

法科大学院ガイド >  法科大学院最新情報 >  中国・四国地区 >  広島大学

学校紹介 資料請求 ホームページ

(広島県/国立)
広島大学大学院 法務研究科 法務専攻

所在地・問い合わせ先

〒730-0053 広島市中区東千田町一丁目1番89号
広島大学東千田地区支援室(法科大学院入試担当)
TEL(082)542-7087
FAX(082)542-6964
E-mail:houmu-gaku-sien@office.hiroshima-u.ac.jp

NEWS&TOPICS

●2017年度 説明会日程
 東広島キャンパス 6月21日(水)
 広島大学東広島キャンパス[法学部・経済学部159講義室](東広島市鏡山1-2-1) 16:30〜18:00 

 

 東千田キャンパス 6月23日(金)
 広島大学東千田キャンパス[東千田総合校舎共用講義室](広島市中区東千田町1-1-89) 16:00〜17:30


●インターネット出願が可能です。

特色と目指す法曹像

●特色
@ 専任教員19人を配置
専任教員の中には、実務家教員5人を含んでいます。その内訳は法曹経験者(検察官、弁護士)であり、多様な実務経験を持つ人材が、常勤教員として学生の指導に当たることによって、生き生きとした実務感覚を有する法律専門家を育てる体制をとっています。
A 広島弁護士会と協定を締結し、継続的な教育支援関係を樹立
本研究科は、広島弁護士会の多大な協力を得て、法曹養成教育を実施しています。本研究科は、広島弁護士会から、実務家教員(教授)並びに客員教員として弁護士の派遣を受けています。いずれの弁護士も、実務の第一線で活躍されている実績のある弁護士です。また、広島弁護士会の協力により、リーガル・クリニックや法律事務所でのエクスターンシップの実施に関する態勢を整備しています。さらに、実務教育についても、具体的に提携をしています。そのほか、若手弁護士を中心とした学習相談や自習のサポートなども学生の学習意欲を高めるものとなっています。

●法務研究科では,知的・精神的に強靭な資質と高度な法的学識・能力を備えるとともに高い倫理観を持ち,社会の法的ニーズに応じた適切なリーガル・サービスを提供できる専門職業人としての法曹を養成し,もって法の支配の貫徹した公正な日本社会の建設に貢献するという教育理念に基づき,ディプロマ・ポリシーを定めました。

 

 専門職大学院である本研究科の標準修業年限は3年で,所定の科目群から合計101単位以上を修得し,次の(1)から(4)までの能力を備え,司法試験に合格しうる人に学位「法務博士(専門職)」を授与します。

@ 「学修の転移・活用(transfer of learning)」のプロセスを経た,高度な専門的法律知識を紛争解決の場面に応用し,状況に応じて適切かつ柔軟に運用できる思考力と判断力
A 法の定めや先例がない利害対立状況でも,自ら原理原則を選択し妥当な利害調整策を探求し構築できる,創造性に富んだ法的思考力
B 充実した法的サービスと法的支援の求めに応える「国民の社会生活上の医師」としての,人間や社会に対する深い洞察力と理解力
C

専門職業人(プロフェッション)としての職責を深く自覚し,日々の活動を真摯に自省しながら,知性を錬磨し日々研鑽を継続する力

2017年度入試概要

1.本研究科には2年コースと3年コースがあり,両コースを併願することもできます。2年コースに合格した場合,2年コースに入学

 することになります。なお,2年コースに合格した場合,1年次配当の法律基本科目31単位を修得したものとみなされ,2年次配当

 科目から履修を開始することになります。

 

2.AO入試は,司法書士,弁理士,公認会計士,一級建築士,医師の資格を持つ者等活動実績を有する者,外国語検定に関する資格

 ・成績保持者,法学部以外の学部出身者を対象に実施します。AO入試の合格者は原則として3年コースに入学することになりま

 すが,同じ日程の前日に実施する一般入試2年コースを併願受験して合格すれば,2年コースに入学することもできます。

 

※入学者選抜試験の出願資格・出願方法については、必ず学生募集要項で確認してください。

募集人員

20名
一般入試・AO入試(A日程):2年コース(法学既修者)/3年コース・AO入試(法学未修者)
一般入試・AO入試(B日程):2年コース(法学既修者)/3年コース・AO入試(法学未修者)
一般入試・AO入試(C日程):2年コース(法学既修者)/3年コース・AO入試(法学未修者)
※2年コースと3年コースは併願することができます。

適性試験

「2017年法科大学院全国統一適性試験」(適性試験管理委員会実施)の受験が必要となります。

試験日と出願期間

【一般入試・AO入試(A日程)】

出願期間 平成29年7月18日(火)から7月28日(金)
試験日 2年コース(法学既修者) 平成29年8月26日(土)
3年コース・AO入試(法学未修者) 平成29年8月27日(日)

【一般入試・AO入試(B日程)】

出願期間 平成29年9月25日(月)から10月6日(金)
試験日 2年コース(法学既修者) 平成29年10月28日(土)
3年コース・AO入試(法学未修者) 平成29年10月29日(日)

【一般入試・AO入試(C日程)】

出願期間 平成29年12月11日(月)から12月19日(火)
試験日 2年コース(法学既修者) 平成30年1月13日(土)
3年コース・AO入試(法学未修者) 平成30年1月14日(日)

試験場

広島試験場:広島大学 東千田キャンパス
      広島市中区東千田町1-1-89
大阪試験場(B日程のみ):大阪大学 中之島センター
      大阪市北区中之島4-3-53
東京試験場(B日程のみ):東京工業大学 キャンパスイノベーションセンター
      東京都港区芝浦三丁目3番6号


AO入試はいずれの日程も広島試験場のみで行われます。
なお、収容人数を超えた場合には、広島試験場で受験していただくことになります。

選抜方法

○第1次選考 適性試験の得点が最低基準点に達しない者は,不合格とします。最低基準点については,適性試験管理委員会が公表する総合得点の度数分布表に基づき,適性試験の総受験者の下位から概ね15%を目安として設定し,出願期間が始まるまでに本法科大学院のホームページ上で速やかに公表します。

 

○第2次選考/一般入試(A日程・B日程・C日程)

<2年コース>法律科目試験(論文式:憲法,民事法(民法,民事訴訟法,商法),刑事法(刑法,刑事訴訟法))

<3年コース>小論文試験,面接試験

 

○第2次選考/AO入試(A日程・B日程・C日程) 「志望理由書」「活動実績証明書」等の提出書類に基づく質問のほか,一定のテーマについて議論を行うなどの方法で, 30分程度の面接試験を行います。

入学に要する経費

入学料 282,000円 授業料 804,000円(年額)
学生教育研究災害傷害保険(法科大学院生教育研究賠償責任保険付帯)保険料
法学未修者(3年コース)4,920円  法学既修者(2年コース)3,280円
※上記の金額は平成29年4月現在のものです。入学時及び在学中に納付金の改定が行われた場合には、改定後の納付金を納入することになります。

入学料及び授業料免除制度について

経済的事情により、入学料及び授業料の支払いが著しく困難な学生に対して、支払いを免除する制度があります。

広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップについて

入学試験の成績優秀者及び在学生で学業が特に優れている者に対する奨学制度として「広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ」があります。選考された者は、選考された年度の後期分の授業料が全額免除されます。

奨学金について

(1)日本学生支援機構(旧「日本育英会」)による奨学金制度
(2)NPO法人ロースクール奨学金広島の奨学金制度(給付)
その他、各種財団等が行う奨学金制度があります。

融資制度について(広島市信用組合「法科大学院生教育カードローン」)

広島市信用組合では、広島大学大学院法務研究科院生(合格者で入学前の者を含む)を対象にした無担保低金利の「法科大学院生教育カードローン」(融資限度額300万円)があります。詳細については、合格発表後、広島市信用組合(TEL(082)248-1177)にお問い合わせください。

アクセス情報

■JR広島駅から
・バス 「アルパーク」行き(50号)で「日赤前」下車 (所要時間約20分)
・市内電車 「紙屋町」経由「広島港(宇品)」行き(1番)で「日赤病院前」下車(所要時間約30分)
■JR西広島駅から
・市内電車 「広島港(宇品)」又は「宇品二丁目」行き(3番)で「日赤病院前」下車(所要時間約40分)
■JR横川駅から
・市内電車 「広電本社前」行き(7番)で「日赤病院前」下車(所要時間約30分)

前のページへ戻る

ページトップへ