資料請求はこちら

法科大学院ガイド >  法科大学院最新情報 >  関東・甲信越地区 >  学習院大学

学校紹介 資料請求 ホームページ

(東京都/私立)
学習院大学大学院 法務研究科法務専攻

所在地・問い合わせ先

〒171-8588
東京都豊島区目白1-5-1
大学アドミッションセンター
TEL:03-3986-0221
FAX:03-5992-9237
E-mail:adms-enq@gakushuin.ac.jp

NEWS&TOPICS

2016年度実施 学内説明会日程
<日時>6月18日(土)13:30〜、6月21日(火)18:00〜、7月31日(日)10:00〜(予定)、 9月10日(土)13:30〜、10月22日(土)13:30〜
※事前申込不要。詳細は同学ホームページにて確認してください。

特色とめざす法曹像

●特色
ベテラン教授陣による徹底した少人数教育。特待生入試(2年間授業料全額免除)を実施!学修支援金支給制度有り。

15名程度の講義を中心に、ベテラン教授陣による少人数教育を徹底。基本法律科目を中心に、じっくり深く考える力をつけるためのカリキュラムが整備されている。法曹三者のどの職務にも通用するよう、カリキュラムは基本的事項を尊重し、法文書作成能力の養成に重点を置く。特に、起案等指導は教員1人が5名程度の学生を担当しており、法文書の作成指導のみならず、個別の学習相談にも対応し、適切な指導・助言を行っている。

●めざす法曹像
企業法務や公法・刑事法分野の専門訴訟に強い法曹を養成

企業法務に強い法曹、公法分野、刑事法分野の専門訴訟に強い法曹の養成に力点を置いたカリキュラムと教育体制を整えました。国民のための司法の担い手になるという強い意欲を持ち、高い人権意識と責任感、倫理観を備えた将来性のある人材の入学を期待しています。

募集人員

30名
 法学既修者24名・法学未修者6名

適性試験

「2016年法科大学院全国統一適性試験」(適性試験管理委員会実施)の受験が必要となります。

試験日と出願期間

【A日程】
 募集コース:・区分、法学既修者コース・特待(2年間授業料免除)
 出願期間:平成28年7月4日(月)〜7月6日(水) ※締切日消印有効
 筆記試験:平成28年7月24日(日)
 合格発表:平成28年8月2日(火)
 入学手続締切日:平成28年8月16日(火)
【B日程】
 募集コース:法学未修者コース・スカラシップ(1年間授業料免除)、法学既修者コース・スカラシップ(1年間授業料免除)(併願可)
 出願期間:平成28年8月4日(木)〜8月16日(火) ※締切日消印有効
 筆記試験:平成28年9月4日(日)
 合格発表:平成28年9月16日(金)
 入学手続締切日:平成28年9月30日(金)
【C日程】
 募集コース:法学未修者コース・一般、法学既修者コース・特待(2年間授業料免除)、法学既修者コース、一般(併願可)
 出願期間:平成28年9月19日(月)〜9月21日(水) ※締切日消印有効
 筆記試験:平成28年10月9日(日)
 合格発表:平成28年10月21日(金)
 入学手続締切日:平成28年11月11日(金)

A〜C日程の詳細は、こちらをご覧ください。

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-law/lawschool/examination/admissions.html

D日程以降は、10月上旬頃に本学ホームページに掲載します。

選考方法

<法学未修者コース>
(1)出願書類の審査 
(2)小論文(適性試験「第4部」解答用紙提出で代替する日程有り)
<法学既修者コース>
(1)出願書類の審査 
(2)筆記試験:憲法・民法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法の5科目。

(3)小論文(特待入試のみ実施。適性試験「第4部」解答用紙提出で代替)

出願資格

入学試験願書または下記のURLをご覧ください。

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-law/lawschool/examination/admissions.html

出願書類

入学試験願書または下記のURLをご覧ください。

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-law/lawschool/examination/admissions.html

学費

(平成28年4月入学者)
入学金15万円、授業料年間111万4千円、維持費その他18万7千2百円

奨学金

□学習院大学専門職大学院学生納付金等減免制度
・入学試験成績および前年度の学内成績に基づき、一定の要件を満たす成績上位者に対して授業料を減免する制度。
□学習院大学教育ローン金利助成奨学金(給付)
・「教育ローン」を扱っている金融機関より教育ローンを借用した場合、当該年度に支払った金利のうち借用年度の授業料及び維持費に相当する借入累計金額の金利分を給付。1年間の上限を5万円とする。
□日本学生支援機構奨学金(貸与)

上記のほかに学修支援金制度もあり。

アクセス情報

JR山手線目白駅改札から徒歩約30秒


前のページへ戻る

ページトップへ